不用品回収業者に遺品整理を依頼することはできる?

故人の思いが詰まった遺品、どのように扱うのが良い?

遺品を整理するということ

生前に整理されなかったごみは最終的に遺品となります。近年高齢者のみの世帯が増加していますが、これは遺品を相続する子たちの多くが、親とは別の場所で暮らしていることを示しています。その場合亡くなった人が普段使っていたものを含め、形見として残すもの以外のほとんどが不要になり、大量の遺品整理・処分が必要となってしまいます。子どもが遠方に暮らしていれば、その遺品整理も容易ではありません。有料化や分別といった細分化等により、大量の不用品を整理・処分することが大変となってきているという状況もあります。
遺品整理が課題としてありますが、最近では「終活」が取り上げられる中で、高齢者の中には生きているうちに身の回りのものを整理しようと考える人も多くなっています。
ですが実際に行えている人は実はわずかなんです。子どもたちが親が生きている間に身の回りのものを整理しようとする場合もあるんですが、こちらもなかなか行えていないというのが現状のようです。親が大切にしているものと子どもが残しておきたいものは必ずしも一致しないことも理由の一つなのかもしれません。
こうしたことから近年では、遺品整理や生前整理を行う業者が注目されるようになってきています。民間の資格なのですが、一般社団法人遺品整理士認定協会が認定する『遺品整理士』という資格を持ったスタッフがいる業者もあるようです。
自分ではどう片付けたらいいかわからないのであれば、プロに任せるというのも大切なことなのかもしれませんね。

業者を頼むときのポイントとは?

普段あまり利用することがない遺品整理業者・不用品回収業者だからこそ、どんなところを押さえておけばよいのかわかりませんよね。悪徳業者を利用してしまって、トラブルに巻き込まれてしまったりすることがないよう、探すときのポイントを知っておきましょう。

遺品整理等に伴う問題

これまでみなさんは遺品を整理する場面に立ち会ったことはありますか?多くの家財や私物が家の中にはあります。一緒に生活をしていても、どこに何があるのかすべて知っている人は少ないかもしれませんね。でもこの遺品整理は残った者たちだけですべて行うことができるものなのでしょうか?

トラブルが起こることもある

利用者が増えている遺品整理ですが、時間を有効に活用できたり、手間を省くことができるなどのメリットがある一方で、実はトラブルも多く挙がっています。 事前に確認できていれば問題ない部分なのでしょうが、そうは言っても頻繁に行うことではないので確認忘れが出てしまい、トラブルが起こるんです。